仮想通貨上昇率ランキング

投稿者:

仮想通貨の価格は、常に大きく変動しています。
昨日まで上昇率が高かった仮想通貨でも、明日になれば大暴落を起こしていることも珍しくはありません。
2017年の仮想通貨の上昇率は、全体的にものすごく上がりました。
上昇率が高い仮想通貨となると、3000倍近くまで上がっています。
では2018年の仮想通貨の上昇率はどうなっているのか、2018年2月時点においてランキング形式で紹介します。

まず抑えておいて欲しいのは、仮想通貨の価格は2018年に入り全体的に下がってきていることです。
仮想通貨の絶対的王者であるビットコインですら、約10%近く値を下げています。
2017年の上昇率は高かったので、反動もあってのことでしょう。
ただ王者でも苦戦していることを考えると、仮想通貨を取り巻く環境は決して「良い」と言えません。
でも環境的に悪い中でも、上昇率がプラスに動いている仮想通貨は存在しています。

上昇率3位はDigixDAOです。
2018年明けには330億円あった時価総額は、2月になると倍近くまで上昇しました。
DigixDAOが上昇した理由は、他の仮想通貨が下がったからと思われます。

上昇率2位はNanoです。
2018年1月下旬から2月にかけて、50%近く上昇しました。
理由として考えられるのが、RainblocksからNanoへのリブランディングがあったからです。
早い話が、イメチェンです。
リブランディングに関してはLiskも行われる予定となっているので、近い将来は価格が上昇することが予想されます。

上昇率1位は、ReddCoinです。
ReddCoinは、SNSと仮想通貨を融合させることを目的に作られた仮想通貨です。
LiteCoinのP2Pオープンソースに由来する仮想通貨で、発行量に制限がありません。
ReddCoinが登場したのは2014年ですが、登場した当初は値段も低く価値はゼロに近い通貨でした。
上昇率よりも、どちらかと言うと下落率が高くなっていた時期もありました。
でも今は息を吹き返しています。
大きく値を下げたからこそ、反動で上昇率が高くなっているのかもしれません。
ちなみにReddCoinは国内の取引所では取り扱っておらず、2018年2月時点においては海外のみでの取引になります。

なお冒頭でも述べたように、仮想通貨の上昇率は時期によって大きく変わります。
今回取り上げた仮想通貨でも、時期が来れば大きく値が下がることも予想されます。